クラビットでクラミジア退散!みんなにバレない性病対策

クラビットでクラミジア退散!みんなにバレない性病対策

性感染症の原因と症状

クラミジアについてご説明します。
クラミジアとは、性行為をすることで感染してしまう性病のことで、セックスだけでなく、ディープキスや、オーラルセックスなどでも感染してしまうものです。
特に感染者は、10代~20代に多く、日本だけでも約100万人以上とされています。
性病の中でも最も感染者が多い病気とされ、またなかなか症状が出ない人が多いことで、発見が遅れ気づかずパートナーに移してしまうのも感染者多い原因の1つです。
性器だけではなく、ノドにもこの菌は住み着きます。
主な原因は、クラミジア・トラコマティスという細菌で、男性は尿道、女性は、子宮頸部に感染してしまいます。
また男女共通のノドにも感染してしまいます。
性行為のみ感染するので、同じトイレを使ったり一緒にお風呂に入っただけでは基本的には感染しないとされています。
この病気は、男女とも症状がでないことが、特徴で、何年も気づかず放置してしまいより感染者を増やしてしまうのが特徴です。
放置しすぎると、男性は尿道に痛みを感じ膿がでてくることがあります。
女性は、おりものが増えたり不正出血(生理以外の出血)になります。
また、菌が膀胱に入ってしまうと膀胱炎になる方もいます。
場合によっては、肝臓まで菌がいってしまうことがあるので、異変に気付いたら、放置せず必ず性病科を受診しましょう。
この性病は、薬で治るので、薬の服用をお勧めします。
抗生物質が1番効き目が良くジスロマックという薬が有名です。
この薬は1回飲んだら1週間もの効き目があるので、薬の飲み忘れや、しっかり時間に飲めない方には大変お勧めです。
治る確率もかなり高いので是非使ってみてください。
副作用は、比較的少なくまれに、頭痛や、めまい、吐き気がおきる人がいるので注してください。
そして、用法用量を必ず守りましょう。
性病は、自分だけの問題ではなく、パートナーにとっても重要なことです。
性病のまま放置しても何も変わらず悪化してしまうばかりです。
妊娠中の方でも服用できる安心な薬なので是非試してみてください。

MENU

バレないクラミジア対策
バレないクラミジア対策
もしも突然クラミジアにかかってしまったら、あなたはどうしますか?
泌尿器科や性病のクリニックに行きますか?
それとも放置すれば治るだろうと、ひたすら我慢しますか?
クラビットによる治療
クラビットによる治療
クラミジアに感染した場合でも安心してください。医薬品による治療により、完治出来ます。
クラビットの有効性について説明しています。
性感染症の原因と症状
性感染症であるクラミジアとは一体どんな病気なのか。
感染の経路や症状について詳しく調べてみました。
クラミジア治療薬の種類
クラミジア治療薬の種類
クラビットだけではないクラミジア治療薬。
二つの治療薬を比べてみました。