クラビットでクラミジア退散!みんなにバレない性病対策

クラビットでクラミジア退散!みんなにバレない性病対策

クラミジア治療の2つの選択肢

クラビットとは感染症によって引き起こされる発赤や腫れなどの炎症あるいは化膿や発熱、痛みなどの症状を抑え、原因菌を死滅させてくれる効果があります。
感染症の中には性病も含まれ、淋病やクラミジアなどの性感染症にも有効と言われています。
ウィルス性の症状にも効果がありますが、風邪などの症状には効果はなく、細菌によって二次感染を防いだりするときに用いられます。
性感染症の中でも感染力が強く、感染者数も日本国内ではトップクラスとなっているのが、クラミジアであり、男性女性を問わず、また年齢も問わず感染してしまう身近な病気となっています。
性行為が感染経路となり、セックスまたはアナルセックス、フェラチオなどのオーラルセックスでは咽頭(ノド)に感染してしまうこともあります。
原因菌であるトラコマティスは細胞単体では生きることが困難であるため人の身体(性器や咽頭)に感染し炎症を起してしまいます。
女性は子宮頸管、男性は尿道にトラコマティスが住み着いてしまい、子宮頸管炎や尿道炎を引き起こします。
また咽頭に感染すると、風邪を引いた時のような症状が現れ、発熱などを伴って扁桃炎や咽頭炎を起こしてしまいます。
感染したことに気づきにくく自覚症状がほとんどない病気でもあるので、感染を拡大してしまい現在では感染率が最も高い性感染症となってしまっています。
薬には250ミリグラムと最近になって登場して500ミリグラム、750ミリグラムがあり、250ミリグラムしかなかった時は服用回数も多く、患者さんへの負担もありましたが、500ミリグラムや750ミリグラムの登場により、服用回数も減り、負担が軽減されるようになりました。
他の薬で画期的な治療薬もあり、ジスロマックという薬もあります。
主成分がアジスロマイシン水和物となり、水に溶けにくいため、体内に長く薬が留まる事ができ、1錠を服用すれば効果が1週間持続してくれます。
また、その間に治癒する確率は90パーセントを超えるともいわれており、治療を楽にしてくれますが、薬価も高いので、ジスロマックは金銭面がデメリットとなります。
治療薬には2つの選択肢がありますが、再発や予防のために常備しておくのであれば薬価の安いクラビットがおすすめです。

MENU

バレないクラミジア対策
バレないクラミジア対策
もしも突然クラミジアにかかってしまったら、あなたはどうしますか?
泌尿器科や性病のクリニックに行きますか?
それとも放置すれば治るだろうと、ひたすら我慢しますか?
クラビットによる治療
クラビットによる治療
クラミジアに感染した場合でも安心してください。医薬品による治療により、完治出来ます。
クラビットの有効性について説明しています。
性感染症の原因と症状
性感染症であるクラミジアとは一体どんな病気なのか。
感染の経路や症状について詳しく調べてみました。
クラミジア治療薬の種類
クラミジア治療薬の種類
クラビットだけではないクラミジア治療薬。
二つの治療薬を比べてみました。