TOP > 感染しないように対策を

クラミジアは自覚症状が出にくい為、感染しないようしっかりと対策する事が大切です。

クラミジアの症状を知っておこう

クラミジアにかかってしまったかもしれない女性

今、日本の若年層をはじめ非常に多くの人が感染している性感染症に「クラミジア」と言うものがあります。

クラミジアになってしまうと、様々な症状が現れてしまいます。自分がクラミジアにかかっているのかを知るためにも、クラミジアになった時の症状について知っておきましょう。

クラミジアは男性と女性で症状が異なりますが、男性の症状としては「尿道から膿が出る」「非常に強烈な排尿痛」などがあります。

女性の場合はこれらの症状が比較的現れにくくなっていますが、クラミジアに感染すると「性器が痒くなる」「オリモノが汚くなる」「性器の臭いがきつくなる」というような症状が現れます。

その状態から症状が更に進行していくと、男性の場合は前立腺炎や副睾丸炎と言った症状に発展していき、最終的には不妊の原因となってしまいます。

女性の場合は症状が進行していくことによって、子宮内膜炎。卵管炎、腹膜炎という風に、徐々に症状が悪化していきます。

そして卵管炎になってしまった場合、卵子の通り道である卵管が塞がってしまうことによって不妊症になってしまうこともあるのです。

その為、男女ともに何かおかしい、と思った時にはすぐに病院に行き、診察をうけることが大切なのです。

感染の原因とは

感染の原因かもしれないのを打ち明ける

クラミジアというのは非常に感染力の強い性感染症なのですが、感染経路として最も多いものはやはり「性行為」です。

クラミジアの原因となるウィルスというのは非常に弱いもので、一度体外に出てしまった場合、すぐに死滅してしまいます。

その為、人によってはクラミジアになった時の言い訳として「近くの銭湯に行った時にお風呂のお湯経由で感染したのかもしれない」という風にいう人もいます。

確かに性感染症の中にはそのような経路で感染する物も存在していますが、少なくともクラミジアはそのような経路で感染することは無いということを覚えておきましょう。

また、クラミジアは咽頭、性器、肛門など様々な場所から体内に侵入します。

その為、性行為を行う際に「口で相手しているからクラミジアになる可能性はない」「膣に挿入せず、肛門だから……」という風に思わず、相手もしくは自分がクラミジアに感染しているのなら、どのような行為でもクラミジアに感染する、もしくは感染させられる可能性があるというのを覚えておきましょう。

また、クラミジアの原因となるウィルスは精液や腟分泌液などに身体が接触することによって体内に入り込みます。

その為、直接相手に触れなくとも相手の精液や分泌液などに接触してしまう、それらに触れた手で自分の性器を触る、というような行動を行ってしまった場合、クラミジアになってしまう可能性があるので、充分に気をつけるようにしましょう。

感染を防ぐためには

コンドーム

クラミジアに感染しないようにする方法というのは非常に簡単です。

その方法というのは非常にシンプルなもので「性行為をする時には絶対コンドームを付ける」というものです。

クラミジアは直接相手の身体に性器が接触する、もしくは精液や分泌液などが粘膜に接触する事によって感染します。

その為、性行為を行う際には必ずコンドームを着用する、ディープキスと呼ばれるような舌同士が直接触れ合うようなキスを行わないなどの方法により、非常に簡単に感染予防ができるのです。

また、クラミジアのような性感染症は「性のネットワーク」と呼ばれる繋がりを持っている人が感染しやすくなっています。

性のネットワークというのは性的な関係を持っている人同士を繋ぎ合わせることによって作られる性的な関係の繋がりのことで、もしこのネットワーク内に誰か一人でも性感染症になっている人がいた場合、その人を中心にあっという間にネットワーク全体にその病気が広まってしまうのです。

その為、もし自分や相手に性的な関係を持っている人がいるのであればそれらを断ち切ることでもクラミジアの感染リスクを軽減させることが出来るため、覚えておくようにしましょう。

発症したら病院へ

クラミジアにかかったら病院での検査を推奨する医者

クラミジアのような病気に感染してしまった場合、もしくは感染してしまったかもしれないと思ったら、まずは病院に行って検査を受けるようにしましょう。

性感染症の検査は病院に行けば簡単に受けることが出来ます。

基本的に男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科もしくは泌尿器科に行くことにより、血液検査による血液中の抗体の有無を調べるような検査から、実際に性器にウィルスがいるかどうか、というような検査を受けることが出来ます。

また、保健所に行くことによって無料かつ無記名での検査も可能なため、もし病院へ行く事によって、誰かにバレるのが心配なのであれば、保健所に行って検査を受けるようにしましょう。

また、病気によっては潜伏期間が過ぎなければ検査が行えない物なども存在しています。

クラミジアの場合、感染してから1週間から2週間経過することによって検査が行えるようになるので、検査を行うのであれば性行為を行った1週間か2週間後に病院や保健所に行き、検査を行ってもらうようにしましょう。