TOP > 個人輸入で買うメリットとは?

個人輸入代行についてとそのメリット、気を付けるべきポイントをご紹介。

個人輸入代行とは

通販サイトで購入

クラビットやゾビラックスのような医薬品を実際に病院で処方して貰う場合、決して安くない処方費がかかってしまいます。

その為、服用することによってクラミジアやヘルペスなどの厄介な病気の治療や対策などを行うことは出来ますが、その分お財布への負担というのはどんどん大きくなってきます。

そうすると次は財布の中身がどんどん無くなっていく事に不安を感じるようになり、精神的な病気になってしまう可能性もあるのです。

もしもお財布への負担を抑えつつ病気の治療を行いたい、病気の治療を行っている最中に精神的な病気になりたくない、という風に思っているのであれば、個人輸入代行というサービスを利用して海外から薬を仕入れ、病気治療を初めてみましょう。

この個人輸入代行というサービスですが、多くの人は初めて耳にするシステムだと思います。

このシステムというのは通販で薬の購入を行う際に利用するシステムなのですが、これを利用すると本来海外から薬を輸入する際には自分で行う必要がある海外の製薬会社や薬局への薬の発注という手間を一切考えることなく、通常の通販サイトを利用して買い物をするのと同じような感覚でクラビットのような病気の治療薬を簡単に手に入れ、病気の治療を行えるようになるのです。

安価にそして確実に

スマホで薬を購入する女性

個人輸入代行を利用する最大のメリット、それは「薬価を下げることが出来る」という点です。

通常病院で処方してもらえるクラビットですが、この薬は1錠あたりの値段が非常に高く、250mg錠で約250円、500mg錠で約500円と、薬局で買えるような薬と比べると非常に高くなっています。

ですが、通販を利用して海外からクラビットのジェネリック医薬品を購入すると、1錠あたりの価格を100円程度まで下げる事も出来るので、非常に安価に病気の治療を行うことが出来るのです。

また、通常の病院で処方してもらえる薬の量というのは1週間分や2週間分という風に、非常に少ない薬の量となっています。

その理由は薬の過剰摂取を防ぐためなのですが、人によっては病気になった時にすぐに服用して治療を行いたい、何かあった時にすぐに対処できるようにしておかないと不安だ、という風に思う人もいます。

そのような人は個人輸入代行を利用して薬を箱単位で購入することによって、何かあった時にすぐに服用して治療を行う、ということも出来るのです。

その為、実は個人輸入代行というのは非常に多くのメリットが存在しているのです。

様々なものが買える

サイトで検索して購入する

個人輸入代行を利用するメリットは安価に薬を手に入れることが出来る、という点以外にも「様々な薬を購入できる」というものがあります。

実は個人輸入代行を利用することによって購入できる薬というのは非常に多く存在しています。

一例を上げると「ED治療薬」「AGA治療薬」というような通常であれば保険が適応されないような医薬品や、女性が避妊を行う際に服用する「低用量ピル」「アフターピル」、そして精神的な病を患った時などに服用することで心を楽にすることが出来る「抗うつ剤」などが存在しています。

これらの薬というのは本来病院に行くことで処方してもらえる薬なのですが、処方してもらうには非常に高額な処方費が必要になるものであったり、平常時には処方してもらえず、緊急時にしか処方してもらえないような薬などもあります。

そのような薬も個人輸入代行を利用すればいつでも購入することができ、さらに病院で処方してもらうよりも安価に購入し、病気治療を行うことができるのです。

注意点を知っておこう

注意点を考えながら購入する

個人輸入代行を利用して通販を行う際には覚えておかないといけないポイントというのが存在しています。

その中でも特に覚えておく必要があるものは2点存在していて、1つは「到着時期」そしてもう1つが「購入量」です。

通常の通販サイトで買い物をした場合、商品の注文手続きが済んでから手もとにやって来るまで早ければ1日、遅くとも1週間程度で商品がやって来ます。

ですが、個人輸入代行を利用して商品を購入した場合、注文者の代わりに「代行業者」と呼ばれる業者が海外の製薬会社や薬局から薬を購入し、その薬を注文者の手もとに郵送してくれるので、注文から平均して2週間ほど経たないと商品がやってこないのです。

そして、通販で薬を購入する際には薬事法によって「1度に購入できる薬の量は用法用量を守って1ヶ月分まで」と定められています。

なので、薬を事前に購入して病気に備える、というのは大切なことではありますが、あまりに欲張って薬の購入を行ってしまうと注文処理をしたけれども注文がキャンセルされた、注文が通ったけれども後日薬監証明と呼ばれる証明書の提出を求められた、という事態が起こりうるのです。

そうなってしまうと薬が欲しくても手に入らないので、病気の治療を行いたくても行えないということになってしまいます。

その為、薬を購入する際には必ず必要最低限の数を必要な時に購入する、前もって購入して備蓄しておく場合にも過度な購入をしない、というのを意識して購入するようにしましょう。