TOP > 抗菌薬と抗生物質

抗生物質と抗菌薬。それぞれの説明とその違いについてお話します。

抗生物質と抗菌薬

抗生物質と抗菌薬を解説する医者

クラミジアの治療を行う際に使用する医薬品であるクラビットですが、この薬は「抗生物質」と呼ばれています。

通常の風邪薬が効かないような酷い風邪になった時や、大きな怪我の治療を行った際などに病院で処方されることもあるこの抗生物質ですが、多くの人は一体どのようなものかよく分からずに服用していると思います。

この抗生物質というのは非常に便利な薬なのです。

抗生物質には非常に強力な殺菌効果があります。

その為、体内にウィルスが潜伏している場合には服用することによってそのウィルスを駆除することが出来ます。

その為、風邪などのウィルスが原因で発症する病気が重症化した際には、抗生物質を服用することによって体内のウィルスを駆除することで確実に治療を行い、更に感染症のリスクが高くなる大きな怪我などを負った際には抗生物質を服用することによって傷口から細菌が入った際に感染症になるのを予防することなども出来るのです。

そして性感染症のようなウィルスが原因で発症する病気の場合も抗生物質を服用することによって、体内のウィルスの活動を抑制、もしくは駆除することによって治療を行うことが出来るのです。

特定の菌にのみ有効

抗菌薬

抗生物質は服用することによって体内に潜伏しているウィルス等を駆除することが出来ます。

そして、それらの薬と同じような効果が有る薬に「抗菌薬」と呼ばれるものがあります。

この抗菌薬という薬も服用することによって体内に存在しているウィルスを駆除することが出来るのですが、抗生物質と違う点として「特定のウィルスに対してのみ効く抗生物質」というものがあります。

通常の抗生物質の場合、体の中のウィルスを徹底的に駆除していくことが出来ますが、長期間服用することによって体内に生息している無害な「常在菌」と呼ばれる菌も駆除してしまいます。

そうすると体内に存在している菌のバランスが崩れてしまって、結果的に体調が変化してしまう、性感染症の治療を行っている最中に服用すると別の性感染症になってしまうこともあるのです。

ですが、抗菌薬の場合は特定のウィルスに対してのみ効果のある抗生物質のため、服用することによって駆除されるのは抗菌薬が有効なウイルスのみ、それ以外の常在菌は駆除せずに病気の治療を行うことが出来るのです。

そしてこの効果というのは非常に便利な為、今まで抗生物質を服用して病気治療を行っていた人の中にはこの抗菌薬に乗り換えて病気治療を行っている、という人も増えてきているのです。

天然か人工か

抗生物質

抗生物質と抗菌薬、どちらも服用することによって体内のウィルスを駆除し、病気の治療を行うことが出来るという特徴を持っていますが、これらの薬の中にはある大きな違いというものが存在しています。

その違いというのは、薬の成分です。

抗菌薬は特定のウィルスに対して作用するように開発された医薬品のため、言ってしまえば内部の成分というのは完全に人工的なものになります。

その為、内部の成分は人工合成の化学物質に通常の抗生物質の加算したようなものになります。

ですが、抗生物質は1から人の手によって作られたものではなく、微生物の持つ抗菌作用を利用して作られた医薬品なのです。

その為、世界で初めて作られた抗生物質である「ペニシリン」という医薬品ですが、この薬というのは実は青カビの研究を行っている最中に偶然科学者が青カビの持つ殺菌作用に気が付き、その作用に注目して研究を進めていった結果作られた医薬品なのです。

広い目で見ると抗生物質の作用を含んでいる抗菌薬を服用するほうが確実に病気の治療を行うことも出来ますが、これらの薬を長期的に服用するとウィルスが「耐性」と呼ばれるものを持つようになるため、服用する際にはどちらを服用するのかを慎重に選んで服用するようにしましょう。

有効な症状とは

女医が抗生物質や抗菌薬について説明

抗生物質や抗菌薬を服用することによって治療できる病気にどのようなものがあるのか、どのような症状に効果があるのかというのを知りたい人も多くいると思います。

これらの薬が有効な症状というのをざっくりと説明すると、ウィルスが原因で発症する病気や症状です。

ウィルスによって発症する病気というのは、体内に入り込んだウィルスが作用して身体に変調をもたらすものなのですが、抗生物質や抗菌薬はこれらのウィルスを駆除し、病気の進行を止めつつ、症状を軽減させることが出来ます。

そして抗菌薬は「選択毒性」と呼ばれる考えに基づいて作られていて、服用すると「特定の特性を持つウィルスのみを駆除し、病気の治療を行う」という特性を持っているのです。

その為、抗菌薬は長期間服用しても特定のウィルスのみが駆除され、実際に身体に変調をきたす、ということは殆ど無いのです。

また、抗生物質も抗菌剤も服用途中で服用をやめてしまうと体内で耐性菌と呼ばれる抗生物質が効かない菌が生まれてしまうこともあるので、もし服用する際は必ず処方された分は全て飲み切るようにしましょう。